おすすめ現金化サイト50社比較ランキング実際に管理人が使用して『換金率』『使いやすさ』『信頼度』などから安全に換金できるクレジットカード現金化の業者を厳選しました。

目次

クレジットカード現金化おすすめランキング!換金率や口コミを数値化して評価

現金化ランキング1位プライムウォレット

プライムウォレット

ココがおすすめ

  • 新規申込みで最大50,000円
  • 創業以来利用者数が30,000人
  • 20時までなら+5%還元率UP!
営業時間 24時間
土日祝の入金 可能
最大換金率 98.8%
入金まで 最短10分

ライン
現金化ランキング2位おひさまクレジット

おひさまクレジット

ココがおすすめ

  • 創業12年安心と信頼の実績
  • リピート率85%以上
営業時間 24時間
土日祝の入金 可能
最大換金率 98%
入金まで 最短5分

ライン
現金化ランキング3位あんしんクレジット

あんしんクレジット

ココがおすすめ

  • 換金率5%UPキャンペーン中
営業時間 9:00~20:00
土日祝の入金 可能
換金率 最大98.8%
入金まで 最短10分

ライン

クレジットカード現金化ランキング
現金化業者 おすすめ度 評価 換金率 入金時間 営業時間 接客態度 安全性
プライムウォレット A 50点 10 10 10 10 10
あんしんクレジット A 48点 9 10 10 9 10
おひさまクレジット A 49点 10 10 10 10 9
アーク A 48点 9 10 10 10 9
インパクト B 43点 9 9 8 9 8
ゼロスタイル B 41点 7 8 8 9 9
スピードワン B 40点 9 8 7 8 8
スピードペイ B 40点 8 8 9 7 8
キャッシュライン C 39点 7 8 8 9 7
セーフティサポート C 38点 9 7 8 7 7
どんなときも。クレジット C 38点 8 8 9 7 6
かんたんキャッシュ C 38点 9 8 7 7 7
パーフェクトギフト C 38点 7 7 8 8 8
ナンバーワンクレジット C 38点 9 7 8 7 7
カードnetキャッシュ D 37点 7 8 8 8 6
換金館 D 36点 8 6 7 8 7
エキスパート D 36点 7 6 8 8 7
24キャッシュ D 36点 8 6 7 6 9
スマイルギフト D 36点 9 7 6 6 8
ひまわりギフト D 35点 8 7 7 6 7
88キャッシュ D 35点 9 6 6 7 7
フルコミット E 35点 7 7 8 6 7
新生堂 E 35点 8 7 6 8 6
ゴールドラッシュ E 35点 7 8 7 7 6
安心くん E 35点 7 7 7 8 6
和光クレジット E 35点 8 6 7 8 6
たんぽぽギフト E 34点 7 6 6 8 7
換金クレジット E 34点 7 6 7 7 7
Life E 34点 7 7 7 6 7
ギフトクレジット E 34点 8 6 7 7 6
ジョイフル E 34点 7 7 7 6 7
クレカ堂 E 34点 7 6 6 8 7
プレスト E 34点 7 7 7 7 6
モバイルチェンジ E 33点 7 7 7 6 6
アールカード E 33点 8 8 5 7 5
アルパコクレジット E 33点 7 6 7 7 6
エースキャッシュ F 32点 6 7 6 7 6
キャッシュチェンジ F 31点 6 7 6 7 5
サポートギフト F 31点 7 7 6 6 5
ジオンカード F 31点 8 7 6 6 4
パートナーギフト F 31点 7 7 5 6 6
ライフパートナー F 31点 6 8 6 5 6
換金堂 F 30点 7 6 7 5 5
生活ギフト F 30点 7 6 6 6 5
現金化業者の評価基準
●換金率
現金化サイトには『最高換金率』の記載が見られますが最高換金率の適応が100万円~など、ほとんどのユーザーが最高換金率での利用ができません。一番利用者の多い20万円での換金率を元に評価しています。
●入金時間
申し込みから入金までの時間と2回目以降の利用の入金時間を評価しています。初めての利用の場合、本人確認が必要です。申し込みの時間が一番重要で、すぐに利用したい方の為に評価基準にしています。
●営業時間
土日祝祭日の利用が可能か?また電話対応の営業時間など、いつでも利用できるか?を評価しています。
●接客態度
電話対応やwから無い部分を丁重に教えてくれるか?など現金化初心者が納得できる説明を行っているか?を評価基準にしています。
●安全性
クレジットカード現金化はグレーな現金調達です。過去にカード事故など起こしていないか?個人情報の取り扱いやセキュリティーなどを評価基準にしています。

※当サイトではおすすめできない悪徳な業者の発見に力を入れています!

  • ホームページと換金率の違う業者
  • 闇金業を同時に行っている業者
  • 電話対応の悪い会社
  • その他口コミなどで評判の悪い業者

クレジットカード現金化おすすめランキングの順位基準は?

現金化業者の評価基準クレジットカード現金化の業者が増えすぎた今、どこで情報を探してどこの業者を利用するか悩んでいる方もいるでしょう。
増えすぎた現金化業者の中には悪徳な詐欺業者も紛れています。
悪徳な詐欺クレジットカード現金化業者を利用しないために、重要ポイントをチェックしたランキングを作成しています。ユーザーから高評価を受けているおすすめの現金化サイトのみを掲載しています。

優良なクレジットカード現金化業者を選ぶポイント

  • 入金スピード
  • 換金率
  • 信頼度
  • 営業時間
  • 接客態度

現金化の入金スピードは速いか?即日入金や土日祝祭日でも入金してくれるか?

今すぐ現金が必要な方にとって重要なのが入金までの時間です。
現金化を利用する方の多くは急な出費があり利用するので、クレジットカード現金化業者のランキングには入金時間は重要な要素と位置付けています。早い業者になると最短5分での早急に振り込みが可能です。
振込までの時間でポイントをつけています。

契約の手続きは2回目以降のご利用で省略されているので。入金スピードとは切り離しています。
即日入金可能な現金化サイト

現金化の換金率は高い?換金率の他に手数料を取られないか調査

換金率とはクレジットカード現金化業者によって違います。業者の手数料のことですね。
例えばショッピング枠の10万円を換金率70%の業者に依頼すると、7万円を現金化してくれます。残り3万円がクレジットカード現金化業者の手数料になります。

10万円÷0.7(70%)=7万円

換金率は現金化において、とても重要です。現金が必要なのに低い換金率の業者を利用しては意味がありません。
クレジットカード現金化の換金率が高い業者にポイントをつけています。

【換金率の例】

換金率70% 換金率80% 換金率90% 換金率96%
利用額10万円 7万円 8万円 9万円 9万6千円
利用額30万円 21万円 24万円 27万円 28万8千円
利用額50万円 35万円 40万円 45万円 48万円
利用額100万円 70万円 80万円 90万円 96万円

現金化業者の信頼度は?営業年数や電話番号・住所などの記載を確認

現金を扱う業者は信頼度が重要です。特に現金化業界は近年、開業する業者が増えています。
業者が増えると必ず悪徳な業者が出てきます。
当サイトでは信頼度をチェックし、クリアしたクレジットカード現金化業者のみを掲載しています。
そのうえで特に信頼度の高い業者にポイントをつけています。【信頼度チェック項目】

  • 電話番号の有無
  • 電話対応の正確さ親切度
  • 住所の正確さ
  • レスポンスの速さ
  • 個人情報の取り扱い方
  • 創業年数・運営実績
  • 2chや掲示板サイトでの口コミ
  • yahoo知恵袋などの利用者の質問

以上がランキングの評価基準となります。
下記に業者一覧がありますので、詳細を見て利用を決めてください。

こんな現金化業者は注意が必要!悪徳な業者に騙されないために知っておきたいこと

悪徳な現金化業者は、長期間の営業を前提としていないので、短期間に多くの集客を集めて一気に稼ぐことを第一優先とした営業を行います。

悪徳業者を利用するとこんな事が!

  • ホームページに書かれている換金率が実際と異なる
  • 賞品を購入しても現金が振り込まれない
  • 個人情報を抜かれ悪用された
  • 聞いていない手数料が発生
  • 途中でやめたら解約金・迷惑料が発生

この現金化業者おかしいな?と感じたら下記のページで悪徳業者の手口を紹介しているので読んでみてください。

実際に逮捕者が出ている業者もあります。逮捕者の出る業者はまっとうな営業をしていません。利用前に注意深くリサーチが必要です。

業者とトラブルが起きた際には国民生活センターに相談しましょう。
【外部リンク】「クレジットカード現金化」をめぐるトラブルに注意!-利用者自身も思わぬ大きなトラブルに巻き込まれるおそれが-

クレジットカード現金化の流れ『現金化の仕組み』を知っておこう!

クレジットカード現金化の方法

クレジットカード現金化とは?
クレジットカードには「ショッピング枠」と「キャッシング枠」が機能として搭載されています。

簡単に言うと現金化業者がクレジットカードのショッピング枠で商品を代理購入し、ユーザーの指定した口座に提示している換金率で振り込みを行うシステムです。

クレジットカード現金化はどんな人に向いている現金調達ほうでしょうか?

  • 突然の出費が発生したのに時間がなく、面倒な手続きを省いて現金を手にしたい方。
  • キャッシングの無駄な金利手数料を支払いたくない方。
  • キャッシング枠の限度額に達してしまい新たなキャッシングができない方。
  • 消費者金融の利用には抵抗感がある方。
  • 分割やリボ払いを利用した無理のない返済計画を立てたい方。
  • 誰にも気づかれずに資金繰りを行いたい方。

クレジットカード現金化のシステムは「想定外の急な出費」でその日にどうしても現金が必要な人が利用するサービスです。

クレジットカード現金化システムの利用の流れは次のとおりです。

  1. 現金化業者の公式サイトから新規ユーザー登録を行う。
  2. 現金化業者の購入指定商品を代理購入する。
  3. 指定した振込口座に打ち合わせた金額の現金が振り込まれる。

この3ステップで購入金額に対して打ち合わせた現金還元率の現金が、指定口座に振り込まれます。

買い取り方式のクレジットカード現金化システムで多く扱われるのが「新幹線の回数券」や「アマゾンギフト券」、Apple StoreやiTunesで利用できる「iTunesカード」など金券類を中心に多岐に渡ります。

★もう少し具体的にクレジットカード現金化のシステムを解説しましょう。
このシステムは「利用者」、「現金化業者」、「クレジットカード会社」の3つの要素で構成されています。

まず利用者が現金化業者が必要とする商品を、現金化業者に代わって代理購入します。
この時の商品代金の支払いにはクレジットカードのショッピング枠を使用します。
一般的にインターネット通販での支払いには、クレジットカードが利用されますから全く問題がありません。

商品購入を確認した現金化業者からは、利用者が指定した振込口座に約束の現金還元率で現金が振り込まれます。

クレジットカード会社からは商品代金の請求が発生しますが、あくまでもショッピング枠の利用代金の請求となるために、キャッシング枠の利用で発生する金利手数は全くかかりません。

クレジットカード会社は立て替えた商品代金のみを集金し、現金化業者は商品の通常価格より少し安い金額を利用者に支払い商品を買い取ります。
利用者は代理購入した金額よりは少なくなるものの、キャッシング枠を利用するよりも「素早く」、「簡単に」、「お得」に現金を手に入れることができます。

ショッピング枠の利用ですから、普通のショッピングと変わりがありません。
クレジットカードの「ポイント還元」を受けることもできますね。

この便利なクレジットカード現金化システムを上手に利用するために気をつけるポイントはズバリ「現金還元率」です。
現金化業者の公式サイトのなかではまるで「為替レート」のように対象商品と買い取り価格(現金還元率)が動いています。

取扱商品に買いが殺到しているタイミングで現金買取業者を利用すれば「高い現金還元率」で商品を代理購入することができます。

必要とされるのは高い現金還元率を保証してくれる優良業者を選ぶことです。
現金化業者選びがクレジットカード現金化を上手に利用する最大のポイントだといえます。

クレジットカード現金化を利用する際に必要なものは?

現金化の方法
クレジットカード現金化システムを利用するためには、現金化業者にユーザー登録する必要があります。
一般的にこの手続きの際に求められるのは次に挙げる情報です。

  • 住所
  • 氏名
  • 年齢
  • 性別
  • 携帯電話番号
  • メールアドレス
  • 希望金額
  • 希望振込時刻
  • 振込先用の指定口座番号

これらの必要事項を入力し手続きを進めますが、忘れてはいけないのが「身分証明書」です。
クレジットカード現金化システムは中古品の取引に該当するので、購入する現金買取業者側は必ず販売者の身分証明書の確認を行う必要があります。
どの現金化業者でも必ず身分証明書の提出を求められます。

万が一利用者が身分証明書を提示することができない場合は、現金化業者は取引を行うことができません。

仮に身分証明書不要で取引を了承する業者に出会ったとしても、商品購入後に商品代金が振り込まれない場合や、約束の現金還元率を遥かに下回る小額しか振り込まれないなどの「思わぬトラブル」に巻き込まれる可能性がありますから取引を行うのは見送りましょう。

現在ほどんどのクレジットカード現金化業者は、インターネット上に公式サイトを持ち新規登録するユーザーを募っています。

本人確認も携帯電話で撮影した写メで可能な業者も少なくないので、ユーザー登録手続き手続き自体は難しいものではありません。

どこの現金化業者も新規ユーザー登録手続き後すぐに、取引を行えますのでクレジットカードのショッピング枠の利用可能金額を確認後、身分証明書の準備をして登録手続きを行いましょう。

クレジットカード現金化のおすすめな優良店を見つける方法

安心な優良現金化業者
数多く存在するクレジットカード現金化業者の中から、優良業者を見分ける方法として3つのポイントをチェックすると良いです。

なぜなら、悪質な現金化業者は短期間営業して逃げることを考えており、長期間の営業を前提としていないからです。

①創業から5年以上の現金化実績があるかどうか

現金化業者の多くが、新規開業から数年以内に消えてなくなっている状況ですから、前回利用した現金化業者を次回も利用できるとは限りません。少なくとも開業から1年以内の現金化業者は、信用度とリピーターがまだ付いていないので経営状態が不安定と考えられます。

目安として営業期間が5年以上あり、ホームページを解説した履歴をチェックして5年以上前から存在していれば安心できるはずです。

現金化業者の中には、店舗併設型で10年以上の実績を誇る現金化業者も存在するので、いざトラブルが発生した時に利用客が押し寄せる可能性がある店舗型の営業を続けていられることは優良な現金化業者の証でもあります。

コスト面を考えると、無店舗型の現金化業者の方が有利ですから、必ずしも店舗型である必要はありません。

無店舗型の現金化業者は、ホームページが開設されてからの年数を追えるサイトがあるので、本当に公式サイトに記載されている年数営業しているか確認してみると良いです。

②現金化の方法としてキャッシュバック方式を採用している

ショッピング枠を現金化する方式は、かつてはクレジットカード決済を行ったその場で古物商営業許可を持った現金化業者が買い取る方式が一般的でした。
しかし、買取方式では、クレジットカード決済直後の商品に対する所有権はカード会社にあるので、即座に買い取ることは他人物売買に該当します。販売者と買取者が同一または関連会社の場合、詐欺罪が成立しかねません。なぜなら、動産の売買は所有権者の同意が必要となりますが、代金完済前まではカード会社に所有権があるので、転売行為をカード会社が認めるはずが無いからです。
そこで、営業年数が長い老舗現金化業者は、初期の頃は買取方式で営業していても途中からキャッシュバック方式に切り替えています。キャッシュバック方式では、家電量販店で商品購入時にポイント還元をすぐに受けられるように、売買契約成立と同時にキャッシュバック金額を銀行振込しても問題ありません。景品表示法では還元率に上限がありますが、商品購入者に対してもれなく特典を付与するもれなく型の場合には、10%を超えるキャッシュバック還元を行っても合法です。必ず売買契約が成立した商品の引き渡しが必要となるので、自宅受け取りが後日必要となります。

③問い合わせのみでも丁寧な言葉使いや対応を行っているか

優良現金化業者と悪質現金化業者では、業務内容は同じはずですが電話問い合わせ時の対応は大きく異なります。

優良現金化業者の特徴として、問い合わせのみで電話した際にも無理に契約を迫る言動は行わず、実際の換金率についても個別に相談に乗ってもらえる状況です。

クレジットカードごとにカード決済手数料が異なるので、手持ちのクレジットカードについて個別に確認しても、迷惑がらずにしっかり調べて回答が得られます。優良現金化業者ほど、電話対応品質も優れているわけです。

クレジットカード現金化の違法性は?利用がバレると逮捕されるの?

現金化の注意事項

クレジットカード現金化システムを利用した金策は「違法なのではないか?」と感じている方も少なくないかも知れません。
このことでクレジットカード現金化システムの利用に抵抗を感じているとすれば、現状では違法行為ではないので安心して下さい。

仮に現金化業者が中古商品(未使用でも1度誰かに購入された商品は中古となります。)の買取に必要な、各都道府県の公安委員会が発行する「古物商許可証」を持っていない場合、これは違法行為となり現金化業者が摘発されます。

また2011年に逮捕された現金化業者は「貸金業法」及び「出資法」違反として摘発されましたが、これらは文字どおり「お金を貸し出す際」に適応される法律ですので、「商品の買取代金」として現金を支払う場合には適用されないと考えられます。

もちろん決済手続きのみを行い、商品の送付が発生しない場合などは「出資を行った」として「出資法」が適用されます。

また現金化業者が、法外に低い現金還元率で取引を行った場合は「法定利息を上回る利息が発生している」と判断され、貸金業者として届出を行っていない場合は「出資法違反」として扱われます。

警察当局はクレジットカード現金化行為自体を違法行為として摘発を狙っているものの、実際の法整備が間に合わず、現状では「グレーゾーンの取引」であるといえます。

もし仮にグレーゾーンであるにもかかわらず、刑事事件に発展した場合でも利用者が逮捕された事例はないので、クレジットカード現金化業者の問題であると言えるでしょう。

クレジットカード現金化を利用していることがカード会社に発覚すると、カードが利用停止になる

現金化システムの利用がクレジットカード会社に発覚した場合は「利用規約違反」としてクレジットカードの利用停止措置などのペナルティが発生する可能性があります。

クレジットカードはショッピング枠とキャッシング枠が設定されています。
つまり、現金が必要な場合はキャッシング枠を利用して、クレジットカード会社から現金を借り入れることを前提として発行されています。
クレジットカード申込み時に行われる審査では「キャッシング枠を利用した際に、いくらまでなら返済可能なのか?」が審査されています。

ショッピング枠は金策として使用されないことを前提としているので、ショッピング枠を現金化されてしまうと利用金額の回収難度が上がってしまうと考え、クレジットカード会社ではショッピング枠の現金化を利用規約で禁止しています。

クレジットカード会社では、カード会員の利用状況をかなり厳しく監視しています。
キャッシングを繰り返しキャッシング枠の上限に達してしまっている会員に対しては、特に利用状況が注目されます。

今までの利用状況から購入商品の傾向を割り出し、全く結びつきがないもの例えば「勤務先の変更届や住所変更手続きが行われていないのに、突然頻繁に新幹線の回数券の購入が始まった場合」などはキャッシング枠の現金化が疑われます。

またアマゾンギフト券やApple StoreやiTunesで利用できるカードなど転売可能な金券を大量購入した場合も現金化が疑われます。

万が一このような取引が発覚した場合営利団体であるクレジットカード会社は一切の情状酌量なしに利用規約違反として「カードの強制解約」、「利用料金の一括返済」などを求めてくる可能性があります。

キャッシュレス化が推し進められる現代で、万が一クレジットカードを強制退会させられ使用不能に陥ってしまうと日常生活に支障をきたしてしまうほどの大きなダメージとなるでしょう。

このような事態を回避するためには、クレジットカード現金化業者を見極めるしか手立てはありません。

現在「簡単に現金を手にすることができる」と新規参入する悪質な業者も増加傾向にあります。
しかし、利用者の立場に寄り添い低い手数料で現金化を行ってくれる「優良業者」も存在します。

これらの優良業者は利用者が、クレジットカード会社からマークされ辛い商品購入を提案してくれます。
なぜなら優良業者は利用者のクレジットカードが停止してしまうと、利用者に代理購入してもらうことで成立する現金化システムが上手く稼動しなくなることを理解しているからです。

クレジットカード現金化を行う際には、くれぐれも現金化業者の見極めをしっかりしてください。
このシステムは利用者にとって非常に便利なシステムであることは間違いないのですから。

クレジットカード現金化を利用して終わりではありません。カード会社に支払いがあります。

ネットでお買い物
現金化業者を利用して現金を受け取ったり、自宅に届いた商品を受取ることで、現金化業者との売買契約と特典受け取りは全て終了します。

しかし、商品を購入したことに変わりないので、クレジットカード決済を行った代金はカード会社へ後日支払う必要があるわけです。

そこで問題となるのが、利用金額に対して一括払いが可能かという点です。

現金化業者を利用する際には、買取方式を利用するとクレジットカード決済時に一括払いしか選べません。

なぜなら、買取方式では現金化業者が即座に買い取るため、カード会社はあくまでも代金を立て替えただけという扱いとなるからです。

現金化業者にとっても一括払いで決済を行えば、後日訪れるカード会社側の締め日以降にカード決済手数料を除いた金額が現金化業者へ振り込まれます。

分割払いで購入した時よりも、高額商品を現金化した時にカード会社から現金化業者への入金を保留にされてしまうリスクを軽減出来るわけです。

このため、買取方式を採用する現金化業者は、一括払いのみの対応として後日本人がカード会社に対して連絡して分割払いリボ払いを選択することを求めます。

一方、キャッシュバック方式の現金化業者ならば、所有権移転問題が発生しないために購入商品の受け取りを利用者が完了した時点で全ての取引は完了となります。

最初から分割払いやリボ払いに対応しているので、好きな返済方法をカード会社の利用規定に則り行えば良いです。

カード会社へ利用者が連絡する手間が省けるだけでなく、計画的な返済が可能となります。

キャッシュバック方式により現金化を行ったとしても、カード会社からは少し高めの商品を購入したという履歴しか分かりません。

しかし、現金化利用が全く知られないわけではなく、利用者がカード会社への支払いを滞納するとカード会社に詳しく調査されてしまい、現金化利用がバレてしまいます。

カード会社の調査力は、専門家だけあって過去の全ての取引を洗い直されてしまうので、誤魔化しきれるかどうかはカード会社から電話連絡が入った時の対応次第です。

クレジットカード現金化を行う上で最も大切なことは、カード会社の監視システムに異常な行動と思われないことです。

膨大なクレジットカード決済が行われている中から、不自然な売買契約のみをピックアップするので、カード会社への支払いが順調ならば敢えて利用者へ連絡して不信感を抱かれてクレジットカード解約されては困ります。

クレジットカード現金化を行ったら、支払い遅れには特に注意しなければなりません。

カード会社への主な返済方法を紹介します。

ATMでの返済が可能なクレジットカードを利用すると便利

クレジットカード 返済日
JCBカード 10日
楽天カード 27日
ニコスカード 10日
ジャックスカード 27日
イオンカード 2日
アコムACマスターカード 27日
オリコカード 27日
三井住友VISAカード 26日・10日

クレジレットカード現金化業者を利用後に返済があるのですが、クレジットカードの口座引き落としは返済日に引き落とされますが、借り入れをした日から利息が付くので、ATMで返済ができるカードが便利です。お金があるときに返済をして利息を少なくしましょう。

リボ払いで返済する際の注意点

クレジットカードには「リボ払い」という返済方法があります。
月に返済できる上限を決める方法なのですが、落とし穴があります。

例えば10万を使ったとします。月の返済額は2万と決めると翌月の返済額は2万円+手数料がかかります。

翌月から5か月で使った月の返済を行います。
しかし翌月からクレジットカードは使わないでしょうか?10万円を使用した翌月にまたクレジットカードを使ってしまうと、借入が膨らみ、リボ払いが終わらない可能があります。
返済できるときにしっかりと返済できるようにできるだけリボ払いは使わないようにしましょう。

現金化を使う際には審査の緩いカード会社を利用するとスムーズに換金できます。

審査の緩いカード会社
クレジットカードのショッピング枠を利用した現金化は、現金化業者を利用する際にも商品購入決済を行う際にカード決済手数料が高すぎたり、決済審査が厳しいと現金化出来ない可能性があります。

現金化業者の中には、自前で決済端末を保持しておらず、決済会社を別途使用しているケースが少なくありません。

決済会社はカード会社との間で個別にカード決済手数料が設定されているので、何度か決済を行う間に取扱を避けたいと考えるクレジットカードが出てきます。

具体的には、金融機関が発行しているクレジットカードは、セキュリティー重視で安定性をウリとしているので現金化業者が換金目的で決済を通しにくいです。

一方、流通系と呼ばれる小売店がカード会社と提携して発行しているクレジットカードは、利用額が伸びれば良いと考えているので、カード利用時にも監視体制が金融機関のクレジットカードよりも緩いと考えられます。

クレジットカードを発行する際の審査基準が厳しい金融機関のクレジットカードは、最も現金化業者から敬遠されてしまうクレジットカードです。

信販会社が発行するクレジットカードは標準的ですが、小売店が信販会社と提携して発行するクレジットカードは、販売促進目的があるので顧客囲い込みの一環が主目的となります。

流通系のクレジットカードならば、発行時点で柔軟な審査を適用するだけでなく、利用時点でもチェック体制よりも間に入る信販会社はカード決済手数料が受け取れれば良いと考えるわけです。

ショッピング枠とキャッシング枠の違い。どちらが現金化に向いているのか?

スマホで買い物をする女性
クレジットカードをこれから持つ人にとって、ごちゃ混ぜになってしまうことも多いのがショッピング枠とキャッシング枠の違いです。

この違いについてはっきりさせておくと、クレジットカードの仕組みについても理解することができるでしょう。

キャッシング枠

キャッシング枠がショッピング枠と決定的に違うのは、お金を手にすることができる点です。お金が必要なときに、借りることができる手段と想像するとわかりやすいでしょう。

まるでカードローンのような感覚で利用することができますので、お金に困ったときは便利な使い方ができます。

ショッピング枠

お店のレジで現金で支払わずにクレジットカードで支払うときは、ショッピング枠を使うことになります。

限度枠はその人の属性によって異なりますが、その枠内であればいくらでも使うことが可能です。ちなみにクレジットカード現金化は、ショッピング枠を利用してお金を工面する方法になっています。

支払いの負担を気にした利用を心掛けてください。特にキャッシングに関しては金利が高めです。

【おすすめハック】キャッシング枠を0円にするメリットとは?

なぜわざわざキャッシング枠を0円にするのか?

そもそも買い物のみにクレジットカードを使う人にとってキャッシング枠はいらない場合がほとんどでしょう。

初めに使わないのにキャッシング枠を設定してしまうと総量規制の対象になり、今後借り入れやローンを組む際に不利に働くことがあります。
もし初めから使う予定のない場合はキャッシング枠を0円に設定しておきましょう。

メリットその1『不正なクレジット被害の予防』
貴方がもしカードの盗難にあった場合、そのままあなたの損失になることがあります。
ショッピング枠を不正に利用された場合、正しく申請すれば保証を受けることが出来ます。
しかしキャッシング枠の不正使用が認められたとしても保証を受けられないことが多いです。

メリットその2『借り入れやローンの審査に有利に働く』

もし今後消費者金融やローンを組む際には審査があります。
裁量規則を見てみると年収の3分の1しか借り入れすることが出来ません。

この3分の1の借り入れ規則ですが、もし使っていないキャッシング枠があってもそれに含まれます。
キャッシング枠をそのままにして何枚もクレジットカードを持っている場合、支払い能力が低いと判断されることもあります。

貴方がクレジットカードを契約する際に『キャッシング枠は使わないなぁ』と思ったらカー会社に相談してキャッシング枠を0円にしましょう。
0円だと「借入なし」となるので、消費者金融やローンの審査に有利に働きます。

メリットその3『ショッピング枠を増額できる』

クレジットカードの使用できる金額はキャッシング枠とショッピング枠の合算で決まります。

総額の中からそれぞれに金額を振り分けています。

キャッシング枠を0円にした場合、振り分けられるはずだった金額をそのままショッピング枠に加算できる場合があります。

カード会社によって利用規約は違うので、まずは問い合わせてみましょう。

各社キャッシング枠を0円にする方法を紹介

JCBカード

JCBインフォメーションセンターに相談しましょう。HPでの申請はできません。

受付時間/9:00AM~5:00PM 年中無休

東京 0422-76-1700
大阪 06-6941-1700
福岡 092-712-4450
札幌 011-271-1411

三井住友VISAカード
キャッシング枠の増額は会員ページで行えますが、減額や0円に設定するのはできません。
三井住友VISAカードに電話で直接相談しましょう。

受付時間 / 9:00~18:00 年中無休(12/30~1/3を除く)

キャッシングデスク 0120-936-000

楽天カード
インターネットで簡単に0円にできます。
会員ページ「楽天e-NAVI」から行えます。しかしいったん0円にしてしまうと再度キャッシング機能をつける際には審査が必要です。

クレジットカード現金化で換金率の高い商品とは?

自分でクレジットカード現金化をする際に換金率の高い商品があります。
需要の多い商品がそれにあたります。
逆に換金率の低い商品を選んでしまうと、目標としている金額に達するまで何度もお買い物をしないといけないため、カード会社に不正に利用しているのが発覚するため、利用停止措置になってしまいます。

なので換金率の高い人気の商品を上げるとすると、以下の4商品となります。

  • ブランド品
  • ゲーム機
  • 金券・ギフト券・ビール券
  • 新幹線の回数チケット

業者に頼らず自分でクレジットカード現金化する方法

クレジットカードの利用停止になるきっかけ

クレジットカードの利用禁止事項
クレジットカード現金化はスピーディーで無審査などという理由から多くの方が利用をしています。
メリットや魅力も多いシステムともなっているのですが、時にはクレジットカード会社から利用禁止処分になってしまったという場合もあるようです。
ではそこで、利用停止のキッカケなどについて触れていきたいと思います。

クレジットカードを現金化するという行為について

まず知っておきたいことの1つに「クレジットカード現金化をするということ」があります。
詳しく触れていくと、現金化をするという行為そのものがクレジットカード会社によって設けられている利用規約に抵触してしまうリスクがあるということなのです。
より簡単に言えば、現金化を行ったとクレジットカード会社に知れてしまうとカードの利用停止処分となってしまうのです。

このことから、もしどうしてもクレジットカード現金化を行いたいという場合には、会社側に知られないように慎重に進めていく必要性があるというわけです。

なぜ現金化をカード会社に知られてしまうのか

利用停止のスタンスですが、クレジットカードで買い物をしようとすると決済不可になってしまった。
カード会社から直接電話が入り利用停止を伝えられたなどという方もいらっしゃるのですが、そもそもなぜ知られてしまうのでしょうか。

この子地についてですが、カード会社が現金化防止のために商品に対して監視を行っているからというのが第一の理由でしょう。
とはいえ、流通しているすべての商品を監視しているわけではありません。
現金化において換金性が高いと判断されるような商品は監視を行っているという事になります。

具体的な商品名についてですが、ブランド品・ゲーム機本体・商品券や金券類・回数券などがこれに該当します。
もちろん、個人的利用のために購入する方もいらっしゃいますから購入することそのものが禁止というわけではなく「不自然に購入をする」ということが停止の対象に入ってしまうのです。

リスクと現金化について

クレジットカードを利用して現金化をしようとするとき、どうしても少しでも高い換金率を得たいと思うものです。
だからこそ、先のような商品をピックアップする傾向があるのです。
その結果、カード利用停止となってしまうのです。
換金率があることの代償にそのリスクもまた高いものとなっておりますので、このようなアプローチである商品買取方式の現金化は避けるという声も少なくありません。

とはいえ、急を要するときなどにおいては「どうしても」という場合もあるでしょう。
そのような場合には、amazonギフト券を現金化するというのが良いともされています。
ギフト券のEメールタイプはクレジットカード手しか購入が行えないというのが大きなポイントとなります。
現金化目的の取引を見つけにくいという事もありますし、安全に現金化をしやすい環境が整っているとも考えられています。
しかしながら、確実に安心できるとは言い切れませんので慎重な判断を行うようにしてください。

安全な現金化をしたいという方へ

もし、安全性を求めて現金化を行いたいという方においては「キャッシュバック方式」での現金化が良いでしょう。
換金率という部分を比較すると、低くなってしまうというデメリットはあるものの、クレジットカードが利用停止になりその代金が一括請求されてしまったなどという事はまずありません。

利用停止について知ること

クレジットカード現金化を行う際の利用停止について紹介していきます。
簡単な方法で行えるというイメージがあるかと思いますが、このような事態も想定の範囲内ですのでリスクについてもじゅうぶんに把握しておく必要があるのです。

【利用停止まとめ】クレジットカードの利用停止になる基準と回避方法

現金化業者を利用しても信用情報機関には影響がありません

信用機関
クレジットカード現金化を利用した際に、個人信用情報機関への影響を心配して利用を躊躇う人がいます。しかし、クレジットカード現金化業者を利用したからといって、信用情報にマイナス情報が書き込まれることはありません。

なぜなら、現金化業者との間で行われる取引は、あくまでも商品売買契約のみとしてカード会社には映るので、クレジットカードで少し大きめの買い物をしたという日常的な履歴に過ぎないからです。

新たにカードローンを申込みしたり、クレジットカードの返済を滞納したといった場合には、信用情報に申し込み履歴や返済状況をありのままに記録されるので、他社カードローン申込時に影響が出ることがあります。

個人信用情報機関へ登録される信用情報は、長期延滞や債務整理を行った時に記録される異動情報という欄と、短期間に多数のカードローンやクレジットカード申し込みを行った時に記録される申し込み履歴が問題です。

日常的なクレジットカードによる買い物を行う履歴については、遅滞なく支払いを行っているというプラスの評価に繋がるので、クレジットヒストリーとして好ましいこととされています。

クレジットカード現金化業者を利用しても、信用情報機関に履歴が残ることは無く、返済を正常に行うほど信用を積み増ししている状況となるわけです。

優良現金化業者を見定めて計画的に利用すれば、しっかり利用料金を支払う信用力が高い社会人として認められると考えて良いです。

クレジットカード現金化ランキングへ戻る

更新日:

Copyright© クレジットカード現金化ランキング!即日現金を調達できるおすすめな優良店を比較 , 2020 All Rights Reserved.

おすすめな現金化業者NO.1
プライムウォレット公式